前へ
次へ

医療における抗生物質使用の問題と対策

医療の分野においては、治療を行う側と患者側の一般的な認識の違いから、治療に対する無駄や齟齬が生じているケースがあります。
この点で最近注目を浴びているのが、抗生物質の使用についてです。
抗生物質は抗菌薬である事から、ウイルス感染が原因となる病気の治療に対しては基本的にその効果を発揮しない事は、医療関係者であれば一般的に周知されている知識です。
ところが患者一般にはその限りでは無く、寧ろ所謂カゼ等の変異性が強いが重篤な症状を齎す可能性は大きく無い病気については患者側が薬剤を求めるケースが多く、且つその対象として抗生物質が含まれて来たというのが実情です。
このような流れの中で抗生物質が使用されると、結果的に病気の治療に対しては効果が発揮されないのみならず、不必要な抗生物質の使用に伴う耐性菌の誕生を助長する原因となります。
結果、抵抗力の弱った患者に対する感染を起こした場合に、厄介な事象となります。
そうした事から、近年では診療報酬の決定において抗生物質を使わない事による加算を検討するといった、方策が練られるようになっています。

Page Top